元気な女性

注意点もある

うつ相談のこれからは

現代はストレスを感じること、場面などものすごく多いのだと感じる。それは大人だけではなく子供だとしても例外ではないと言えるだろう。さまざまな場面でストレスにさらされてしまうことで少し参ってしまう人がいる。それが続いたりひどくなってしまうと日常生活にも支障をきたしかねないなどの問題が出てきてしまう。そうしているうちに状況がうつ状態となってしまうこともあるようである。うつ状態、うつ病と言っても軽いものからかなり苦しくなっているものまで幅広い状態があるようだ。そんな状態になってしまう人が年々増加しているようでこれからも増加するのではと考えられるだろう。しかし増えるのはそれだけではないだろう理解者も増えて相談にのってもらえるところも増えると思われる。

注意すること気を付けること

うつになりやすいのはなぜかうつ病として診断されて初めてどうしようとなるのも問題である。しかしなるべく早めに対処、相談することで重症化を防げるのではないかと思える。しかし悩んでいる人の多くは一人、孤独そして孤立している場合があるのだそうするとなかなか外にはその人が悩みを抱えているとは気づきにくくなってしまうのだ。そういったことを理解する社会の空気が必要に思える、相談しやすい人、場所、状況を作り出してほしいものである。とにかく常に周囲に気を配りうつ状態の人を孤立させないことに注意を払わなければいけないと思う。そしてその人の心に気を付けて相談しやすい空気で対応していくことが重要に思える。孤立こそ注意するべきことに思う。

制度を活用することで

 うつ病を治すには病院にかかることが一番の近道ですが、定期的に通わなくてはならず、また薬などの費用もバカになりません。一応健康保険は適用されますが、平均の相場は三割負担でも月5000円前後といったものになります。  ですが、いまは自立支援制度というものあり、これによって治療費を軽減することができます。詳しく述べますと、うつなどの精神疾患の人を対象として、一応所得制限はありますが一割負担で済むようになります。それにくわえて月々の上限もありますので、働けない人にとっては非常に助かる制度となっています。  また精神障害者福祉手帳というものを受け取ることができたなら、いろんな優遇が減免措置を受けることができるので、相談窓口で詳しく聞いてみてはいかがでしょうか。