元気な女性

早い段階で

知っておいたほうがいい情報はどのようなことか

うつの症状がみられる場合、相談窓口はいくつかあります。地域の精神科や神経内科、心療内科のなどに相談することが一般的です。 地方公共団体においては地域の相談窓口を設けているところもあります。うつ病は過度のストレスや生活環境の変化から引き起こされるセロトニンなどの脳内の神経伝達物質のバランスの乱れが倦怠感が体のだるさなどを引き起こす病気であると言えます。 うつと似たような症状の中に双極性障害などがあり精神疾患と一口に言っても多岐にわたりますので必ず専門家の判断が必要です。治療方法も一人一人違いますので自分が納得できる医療機関に出会うことがまず必要不可欠です。体に異常を感じたらいち早く予約をとり相談することがよいです。

うちの相談で工夫することはどのようなことがあるか

うつ病には脳の神経伝達物質のバランスの乱れが大きく関わっています。専門家の診察で治療することももちろん必要なのですが、規則正しい食生活や運動するなどの工夫で症状を改善したり予防したりすることができます。 とくに野菜などのビタミンやミネラルを摂取することは、脳の働きを正常化したりストレスに抵抗するホルモンを作りやすくします。 夜眠れなかったり過度なストレスを感じていたり、当たり前にできていたことができなくなったりする場合はなるべく早く診療機関を受診することが必要です。なぜなら精神疾患にかかる人は年々増えておりどの診療機関でも予約が取りづらくなっているからです。 仕事や家事を休んだりすることも必要になってきます。